【草木萌動】 ねこやなぎ

2016 .02 .29

soumoku.jpg
雨水(うすい)

この頃になると寒さがほんの少し和らぐのが感じられます。

厳しい冬の間降っていた雪が雨に変わり、川や池に厚く張っていた氷も融けて水になっていきます。

第六候 草木萌動  (そうもくめばえいずる)

今年も、新しい命が春の訪れを感じ、土の中や枝々からいっせいに芽生え始めます。山々がみずみずしい緑一色に覆われるのはもう少し先ですが、ふとしたとき、足もとや庭木の先にほんのりと薄緑に色づく芽を見つけると、なぜかやさしい気持ちになれるものです。

ねこやなぎ

小川の岸辺の「ねこやなぎ」が銀色に輝き始めました。ねこやなぎは落葉性の灌木で、ちょうど今ごろ銀色の花を付け、その毛の感触が猫を思わせることからこの名あります。また「谷川やなぎ」「えのころやなぎ」など数々の別名もあります。春も早くまだ寒いうち、葉より先に花を付け水辺に輝く風景は殊のほか趣があり、まさに早春を飾るにふさわしい植物です。

6a0c9dd9f68178e09f3a18519d00277e_m

次回:<第七候>蟄虫啓戸
<二十四節気>啓蟄【3月5日】
二十四節気土佐山温泉スタンプ2倍サービスデー
温泉スタンプカードをお持ちでない方は、お気軽にフロントまでお申し付けください。

お問い合わせ