土佐山の旬 虹始見

2014 .04 .15

seimei3.jpg

 

 

清明(せいめい)

春の暖かな日射しの中、まさに天地万物が清らかな明るさに輝いている様を表す言葉。

中国では古くからこの清明節の時期に、先祖の墓参や、「踏青(とうせい)」といって野に出て春の緑を満喫するなどの行事が行われました。

 

 

第十五候 虹始見  4月15日(火)〜

       (にじ はじめて あらわる)

春が深くなるとともに、だんだんと空気も潤ってきます。雨上がりにきれいな虹を見ることができるのもこの時期から、という、昔の人たちが経験から得た言葉です。

虹は、世界中で古来、さまざまな神話と結びつけられてきました。中国では大きな蛇と見なす考え方もあり、虫偏(むしへん)がつくのもそのせいかもしれません。

 

 

 

土佐山

●土佐の磯の春の香り、「流れ子」

seimei3_1.jpg

4月にはいると「流れ子(ナガレコ)」が出始めます。高知ではとこぶしを「流れ子」といって、春から夏にかけての土佐の味覚です。

岩場を流れるように動くところから「流れ子」と呼ばれるようになったのだとか。

 

また、焼くときにポンっポンっと音がするので、「ポンポン焼き」「ポンポン焚き」といって土佐人に親しまれています。

平日限定宿泊プランで4月は「流れ子の炭火焼き」をご用意しています。
詳細はこちら ⇒  クリック!!
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

次回

 

<二十四節気>

穀雨【4月20日(日)】

二十四節気土佐山温泉割引

<初候>

葭始生

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

お問い合わせ