土佐山の旬 橘始黄

2012 .12 .03

tatibana.jpg

 

小雪(しょうせつ) 

 

第六十候 橘始黄 12月2日(日)

         (たちばな はじめて きばむ)

橘の実が黄色く色づく頃です。橘とは、古代日本では柑橘類の総称で、文献に見られるさまざまな「橘」は、いろいろなミカン類を合わせてこう呼んでいたと考えられます。京都御所紫宸殿前の「右近の橘」は、日本原産の柑橘類とされるヤマトタチバナ種で、文化勲章はこの花をかたどっています。橘の名は、「立ち花」に由来するとも、橘になぞらえられる「非時香実(ときじくのかくのみ)」をもたらした伝説で知られる田道間守(たじまもり)の名によるともいわれます。

 

 

 

 

土佐山

●澄江さんの安納芋

P1002545.jpg

安納芋は、種子島の芋を代表するさつま芋。土佐山でも採れています。

高水分で焼くとクリームのようにねっとりした食感です。

糖度が高く、時間をかけて上手に焼くと40度前後にもなるそう。

掘りたての新鮮なものではなく、3週間〜1ヶ月ほど成熟させると糖度が上がって美味しい。

焼き芋がおすすめだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンドルディナー

RIMG2526.jpg

12月1日〜25日、愛媛県内子の和ろうそくを使った

キャンドルディナーを開催しています♪

 

創業二百年の伝統を持つ大森さんの手作りの「和蝋燭」

和蝋燭は、蠟を芯になすりつけて回しながら、それを何回も何回も繰り返し大きくしたもの。

切り口を上から見ると幾重もの層になり、バームクーヘンによく似ています。

1本1本に手間をかけ、丹精込めて作った和蝋燭は、ススが少なく、炎が大きく消えにくい、蠟が垂れずに燃えるので長持ちし温かみがある炎が上下に揺れ動きます。

温かい灯りに癒されます♪

 

 

 

 

 

 

 

次回

 

<二十四節気>

大雪【12月7日(金)】

 

<初項>

閉塞成冬

 

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

ゆず湯を予定しています!!

P1002461.jpg

お問い合わせ