【綿附開】 高砂百合

2015 .08 .24

watahanashibe.jpg
 

処暑(しょしょ)

暑さが止む、という意味の言葉です。文字どおり、暑さのピークは過ぎつつありますが、同時に台風の季節の到来です。いざというときに備えて、窓や雨戸、ドアなどの補強や、鉢植えなど風に飛ばされそうなものを固定しておきたいものです。

 

第四十候 綿柎開(わたの はなしべ ひらく)

柎とは花のがくのこと。ワタは七月から九月にかけてフヨウによく似たクリーム色の美しい花を咲かせますが、それから約一ヶ月後、丸い実を包んでいたガクがはじけ、中からふわふわとした綿毛に守られた種が飛び出します。この綿毛を紡ぐと木綿の糸や布になりますが、純白の綿毛はガクをつけたまま花材としても用いられます。

 

高砂百合が綺麗に咲いています

少しづつ涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか

オーベルジュ土佐山周辺のお庭には、たくさんのタカサゴユリが咲いております。

7月のタキユリも大変綺麗ですが、高砂百合も負けていません。

のんびりと散歩をしながら、秋を探してみませんか

高砂百合

女郎花

次回:<第四十一候>天地始粛
<二十四節気>白露【9月8日】
二十四節気土佐山温泉スタンプ2倍サービスデー
温泉スタンプカードをお持ちでない方は、お気軽にフロントまでお申し付けください。

お問い合わせ