土佐山の旬 玄鳥去

2013 .09 .21

tsubame.jpg

 

 

白露(はくろ) 

第四十五候 玄鳥去

             (つばめ さる)

春先に飛来した燕は子育てをしながら日本で夏を過ごし、秋になると暖かい南の地域へと帰っていきます。越冬先である東南アジアやオーストラリアまでは数千キロ。一日三百キロ以上飛ぶこともあるそうです。燕は田畑の害虫を食べてくれる益鳥で、昔から日本人に親しまれてきました。「燕が巣を作ると家が栄える」「燕が低く飛ぶと雨」といったことわざも数多く知られています。

 

 

 

 

土佐山

●彼岸花がとても綺麗に咲いています。

hakuro3_1.jpg

 

秋も深まり、土佐山の棚田は、彼岸花でいっぱいになってきました。

今日の朝の写真です。

彼岸花の赤いじゅうたんが、出迎えてくれます。

 

9月末まで、とんとんのお店で、彼岸花の写真を募集しています。

応募された写真から、選考により、10月10日~月末まで、

とんとんのお店、及びオーベルジュ土佐山に展示します。

 

写真も撮り頃になっています。

みなさんぜひ、応募してください。

詳細は、新着情報をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

次回

 

<二十四節気>

秋分【9月23日(月)】

雷乃収声

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

お問い合わせ