土佐山の旬 雀始巣

2013 .03 .20

suzume.jpg

 

 

春分(しゅんぶん)

秋分と同様に、昼と夜が同じ長さになります。いよいよ本格的な春の到来。日増しに強くなる陽射しを感じながら全国の桜の開花を聞く、一年でいちばん心がうきうきとする時期です。また、学校、職場での送別や転居など、生活の変化が多いのもこの時期。

 

 

第十候 雀始巣  3月20日(水)〜

       (すずめ はじめて すくう)

雀が巣を作り始める頃。田畑や人家のすぐそばに棲息する雀は、古くから日本人にとっていちばん身近な小鳥。

一方、農作物を荒らすこともあるため、農地には案山子(かかし)や鳴子(なるこ)が据えられました。今では雀の姿自体、街中で見かける機会も少なくなり、案山子とともに懐かしい風景の一部になってしまったのかもしれません。

 

 

 

土佐山

●春の花がたくさん咲き始めています

sakura.jpg

寒桜(カンザクラ)

土佐山でも、桜の蕾がちらほらと開き始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rikyu.jpg

利久梅(リキュウバイ)

白い利久梅の花。

茶花としてよく使われることから、「利久梅」と呼ばれるようになったとか・・・・。

ちょうど千利休が亡くなった命日の頃に咲く花でもあるそうです。

 

 

 

 

 

 

syaga.jpg

著莪(シャガ)

アヤメ科の花で3月下旬〜5月上旬頃にかけて、白紫の花を咲かせます。

シャガの花は短命で、咲いて一日で萎んでしまうそう。花は次々に咲いてくるので、長い期間楽しめます。

 

 

 

 
 
 
 
 

 

次回

<春分 次候>

桜始開【3月25日(月)】

<二十四節気>

清明【4月5日(金)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

前回

菜虫化蝶

(なむし ちょうと なる)

お問い合わせ