土佐山の旬 黄鶯睍睆

2013 .02 .08

uguisu.jpg

 

 

立春(りっしゅん)

文字どおり「春立つ」時節ということで、寒さも峠を越えてこれからは春に向かうことを意味する節気名です。旧暦ではここをお正月としていました。

 

 

第二候 黄鶯睍睆  2月8日(金)

         (うぐいす なく)

山里では、春を象徴する鳥である鶯が美しい音色で鳴き始める時期です。鶯は冬の間は山中で過ごし、春の訪れとともに平野へと下りてきて、雄(おす)がおなじみの「ホーホケキョ」のさえずりを聞かせます。鶯の初鳴きは一般に温暖な地方ほど早く、「初鳴き前線」は季節の進行とともに北上していきます。

 

 

 

土佐山

●流転ファームで収穫!!

RIMG2709.jpg

流転ファームで野菜ができました!!

今回は、「蕪」と「大根」を収穫してきました。

他にも、

      「春菊」                          「つぼみっこ」

RIMG2714.jpg RIMG2711.jpg

 

    「のらぼう菜」           「大根」

RIMG2712.jpg RIMG2704.jpg

                                    「水菜」「ほうれん草」などが植わっています。

                                    「水菜」と「ほうれん草」の間引きもしてきました。

 

 

 

 

●梅の花が咲いていました!!

P1002729.jpg

車で上がっていく途中に梅の花が咲いていました。

円行寺の柴巻方面とオーベルジュ土佐山の分かれ道の梅の花が咲いています。

土佐山の嫁石の梅はまだ蕾ですが、花が咲く日も近くなってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回

<立春 末候>

魚上氷【2月14日(木)】

 

<二十四節気>

雨水【2月18日(月)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

前回

東風解凍

(はるかぜ こおりを とく)

お問い合わせ