• 宿泊予約
  • ご予約確認・キャンセル
English
旅サラダの番組で紹介されました!
オーベルジュ土佐山
内子スタッフブログ
内子のおもてなし
和蝋燭エステ
イベントお知らせ
  • おすすめコース
  • 料理紹介
  • ダイニング

Facebook

ホーム  >  スタッフブログ

17時半には日が暮れるようになった。少し肌寒い風がなんだか心地よい。そんな中、先日、徳島県からお越しのご宿泊のお客様が書いた徳島新聞の記事をいただいたので紹介したい。「鳴潮」という記事に内子での滞在をとおして、日本人が昔から季節を重んじ自然と共存してきたかを伝えていて、それは日本人独特の感性なのだといいうことである。また、当ホテルに俳句を書き記しておられる黒田杏子さんの本「暮らしの歳時記」から〈もしも秋の虫が鳴かなかったら、虫の声がこの世に無かったとしたら、どんなに淋しいだろう。どれほど味気ない人生となることだろう〉を引用されている。内子のどことなくのどかな自然や人のやさしさが、日本人が遠い昔から大切にしてきた侘び寂びのようなものを呼び起こしたことが、本当に嬉しいし私自身もこの一瞬一瞬の四季を大切にし、この偉大なる大自然に感謝を忘れず生きていくことが大事であって、これこそが我々現代に生きる人間の使命ではないだろうかと、あらためて思った。この記事を読んで以来、時間をつくっては龍王公園内を散歩するのが日課になってしまった。