• 宿泊予約
  • ご予約確認・キャンセル
English
旅サラダの番組で紹介されました!
オーベルジュ土佐山
内子スタッフブログ
内子のおもてなし
和蝋燭エステ
イベントお知らせ
  • おすすめコース
  • 料理紹介
  • ダイニング

Facebook

ホーム  >  スタッフブログ
2012.12.03

 

 

 

 

 

「おへんろに  朝日  いちりん寒椿」

黒田杏子さんの俳句、

当館、椿のお部屋で詠まれている句である。

椿と山茶花はよく似ている。

当館庭園にも山茶花も咲いているが区別がつきにくい。

山茶花の花は平らにひらくが、椿は完全に平にひらかない。

最もわかりやすいのは花が落ちる時、

椿は萼と雌しべを残して根こそぎ落ちるが、

山茶花は花びらが一枚づつ散ること。

また椿の花は、花の落ちる様が縁起が悪いということで

昔からお見舞いごと、武士や馬の世界でも敬遠されたという。

これを落椿というが、春の俳句の季語でもある。

ホテルから山を降り、五十崎凧博物館に山茶花という讃岐うどん屋がある。

丁寧につくった手打ちうどんが美味い。

私のお気に入りは、かき揚げとうどんのセット、

カラッと揚がったかき揚げが妙に美味い、

知る人ぞ知る名店である。