• 宿泊予約
  • ご予約確認・キャンセル
English
旅サラダの番組で紹介されました!
オーベルジュ土佐山
内子スタッフブログ
内子のおもてなし
和蝋燭エステ
イベントお知らせ
  • おすすめコース
  • 料理紹介
  • ダイニング

Facebook

ホーム  >  スタッフブログ

 

 

 

 

 

 

 

小田深山の主は樹齢500年のブナの木だった。

ということは、戦国時代の中半にここに生まれたことになる。

その大きさは見てもらえば一目瞭然だ。

500回落葉し、タンパク質(土の栄養分)を多く含んだ実をここに落としてきた。

樹木をつたって土に与えつづけた水分の量ははかりしれない。

その主の前で記念撮影。

ブナの木一本は金百貫に勝る。

この意味を皆が理解してくれたなら本当に嬉しい。

山を歩き、そこに生きる植物に触れ、知ることで

生きることの意味がわかってくれるだろう。

感じることは大事なことだ。