• 宿泊予約
  • ご予約確認・キャンセル
English
旅サラダの番組で紹介されました!
オーベルジュ土佐山
内子スタッフブログ
内子のおもてなし
和蝋燭エステ
イベントお知らせ
  • おすすめコース
  • 料理紹介
  • ダイニング

Facebook

ホーム  >  スタッフブログ

 

 

 

 

 

散策も終わりが近づいて、

時刻は15時くらいだろうか。

ふと見上げる、

高いブナ林の木漏れ日のコントラストが鮮やかだ。

朝、昼、夕と森の表情は変わっていく。

柔らかな光が夕暮れを予感させる。

太陽とともに目覚め、太陽とともに眠る。

自然に身をまかせることにしよう。

最後は少し坂道が険しくなると高本氏。

まあ大丈夫だろうと安易に考えている。

予想を覆す、急な崖道だ。

細い木までも掴みながらの壮絶な坂道を下る。

みんな大丈夫だろうか、お年のいった方もおられたが。

崖の下から迎えの職員さんの声が聞こえた。

助かった。

山で遭難したかのような体験だった。

山をなめて油断してはいけないよと忠告されたような気がした。

山登りとは人生のようなもの。

ゆるやかな道、険しい道、急な下り道。

山の中では様々な出会いがあり、

いろいろなことを教えてくれる。

その中で自然に逆らうことなく仲間と共生する。

ぶれずに根をはって周りに希望を与え、

前に灯りを灯して行く。

ブナの木のようにありたいものだ。

この感動をより多くの方々にお伝えしたいと思う。

次回は冬の雪山にチャレンジである。