• 宿泊予約
  • ご予約確認・キャンセル
English
旅サラダの番組で紹介されました!
オーベルジュ土佐山
内子スタッフブログ
内子のおもてなし
和蝋燭エステ
イベントお知らせ
  • おすすめコース
  • 料理紹介
  • ダイニング

Facebook

ホーム  >  スタッフブログ
2013.07.02

待ちわびた梅雨がやっと訪れ、田んぼの蛙たちが毎夜大合唱、また雨を待ちわびた紫陽花が色鮮やかに、萩の花も咲き始め夏の訪れを感じさせます。

黒田杏子さんの夏の俳句に『あふち(棟)』という季語が使われています。

『むらさきのあふちは 天にあふれつつ』

この句は当館のお部屋の名にもなっています。あふちとは、栴檀(せんだん)の木の別名、落葉の芳木で五月に紫の花をつけ、クマゼミやアゲハチョウがよく訪れる香木です。『栴檀は双葉より芳(かんば)し』のことわざはよく知られています。この近辺ですと町役場前の河川敷に多く見られます。

七月の内子は祭事が各地で催されます。内子の夏祭り、小田の灯籠流しや火祭りは夏の夜長を彩ります。