土佐山の旬 綿柎開

2012 .08 .23

watahanashibe.jpg

 

処暑(しょしょ) 8月23日(木)

暑さが止む、という意味の言葉です。文字どおり、暑さのピークは過ぎつつありますが、同時に台風の季節の到来です。いざというときに備えて、窓や雨戸、ドアなどの補強や、鉢植えなど風に飛ばされそうなものを固定しておきたいものです。

 

第四十候 綿柎開

       (わたの はなしべ ひらく)

柎とは花のがくのこと。ワタは七月から九月にかけてフヨウによく似たクリーム色の美しい花を咲かせますが、それから約一ヶ月後、丸い実を包んでいたガクがはじけ、中からふわふわとした綿毛に守られた種が飛び出します。この綿毛を紡ぐと木綿の糸や布になりますが、純白の綿毛はガクをつけたまま花材としても用いられます。

 

 

 

土佐山

●高砂百合が綺麗に咲いています。

teppouyuri.jpgteppouyuri2.jpg

 

 

●からみちゃんと土佐のかちりのじゃこ味噌

karami.jpgkarashimiso.jpg

門田さんちの「からみちゃん」と「かちり」で新しいじゃこ辛子味噌を作りました。

ピリっと辛いじゃこ味噌は、御飯にピッタリ!!

ごはんがどんどん進みます。

 

 

 

 

次回

<処暑 次項>

天地始粛【8月28日(火)】

 

<二十四節気>

白露【9月7日(金)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

お問い合わせ