土佐山の旬 桐始結花

2012 .07 .22

kiri.jpg

 

 

大暑(たいしょ)

文字どおり、一年でいちばん暑さの厳しく感じられる頃。鰻で知られる「土用の丑」もこの期間中にありますし、「暑気払い」と称してのビアガーデンなどでの集いも、ひときわ賑やかになる時節。

 

第三十四候 桐始結花  

       (きり はじめて はなを むすぶ

古来、桐は神聖な木とされてきました。花が開くのは初夏。見たことがないという人も、日本国政府の紋章(五七の桐)や五百円硬貨で意匠化された釣り鐘形の花を目にしたことがあるでしょう。薄紫色の花は、盛夏を迎える頃、卵形の実を結びます。その横では来年咲く花のつぼみが早くもふくらみ始めています。

 

 

土佐山

夏の採れたて土佐山野菜!!

とんとんのお店に、めずらしい夏野菜がたくさんならんでいました。

<バターナッツ>

bata-.JPG

バターナッツかぼちゃは、メキシコ周辺の中央アメリカが原産地。名前のとおり、実がバターのように、油分が多く甘くてねっとりしています。かぼちゃのポタージュスープにしてもおいしいそうですよ。ビタミンA・ビタミンC・食物繊維など栄養も豊富です。

 

<赤オクラ>

akaokura.JPG

赤いオクラを発見。でも茹でると、緑色になってしまうんです・・・・・。

オクラのネバネバで健康、元気に!!!

 

<エンサイ>

ensai.JPG

中国原産の強健野菜。

茎が空洞になっていて、「空心菜(クウシンサイ)」。アサガオに似た花が咲くので「アサガオナ」ともいいます。ビタミンA・B・C、カルシウム、カリウム、鉄分、繊維と豊富な栄養を含んでいます。

 

炒め物にピッタリの野菜。さすが、中国野菜ですね。

 

 

土佐山の夏野菜で、力をつけて、高知の夏を元気に過ごしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回

<七十二候>

7月28日(土)

第三十五候  土潤溽暑

 

<二十四節気>

二十四節気土佐山温泉割引

立秋【8/7(火)】

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

<バックナンバー>

腐草為蛍   梅子黄   乃東枯   菖蒲華   半夏生   温風至   蓮始開   鷹乃学習

お問い合わせ