土佐山の旬 鷹乃学習

2012 .07 .17

 

taka.jpg

 

小暑(しょうしょ)

 

第三十三候 鷹乃学習  

       (たか すなわち わざを なす)

日本で鷹といえばオオタカをさすようです。鷹狩りに用いられるなど、猛禽(もうきん)類の中では昔から人に身近な存在でした。五、六月に孵化した雛はこの季節、巣立ちの準備に余念がありません。飛び方を覚え狩りを学び、独り立ちに備えます。オオタカは南西諸島などをのぞく日本各地に生息し、里山でも見られます。運が良ければ夏空に弧を描く雄姿に出会えるかもしれません。

 

 

土佐山

今年最初の滝百合の花

土佐山の夏を代表する百合の花ですが、道路管理で刈られたり、採取されてしまったり、

今では、絶滅危惧種に指定されている、貴重な百合の花。

地元の方も、とっても大切にされてます。この滝百合の花が見られるのも、土佐山の夏の見どころです。

まだまだ咲き始めなので、少ないですが、ヴィラ棟近くで見られます。

暑い夏の中で、「涼」を感じる可憐な花です。

takiyuri.jpg

 

 

 

梅雨明けの青空

tsuyuake.jpg

今日17日、高知も梅雨明け。空も、空気も夏らしくなってきました。

 

 

 

 

 

次回

<二十四節気>

二十四節気土佐山温泉割引

大暑【7/22(日)】

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

<七十二候>

第三十四候 桐始結花

 

<バックナンバー>

腐草為蛍   梅子黄   乃東枯   菖蒲華   半夏生   温風至   蓮始開

お問い合わせ