土佐山・流転日誌

2011 .04 .05

我々は地域とともに(有機の里づくり)をテーマに循環型レストランにとりくんでおります。例えば今日の業務で、でた野菜屑などを土佐山開発公社

に運びバクテリア・ミネラルを含んだ堆肥(もこもこ)を各生産者に配布し畑に地力をつけ、パワーみなぎる有機野菜をもう一度食卓に!という試みです。このシステムで、飼育されている土佐ジローの(放し飼い・うみたて)のたまごご飯や有機野菜のプレート、そして地域の農家の食卓のレシピ

山のゆうげなど土佐の海のもの山のもので構築した夕会席を・土佐山流転会席・と名づけました。

土佐山の恵みや、質感、うつりゆくさまざまの事象を拙い文章ですがお伝えしていこうと思っております。

 

 

利休梅.JPG

お問い合わせ