【麦秋至】 燕の旅立ち

2015 .06 .01

shouman3.jpg 小満(しょうまん)

日ごとに上昇する気温に合わせ、万物の成長著しい時期です。
畑の麦は大きく穂を実らせ、草木の緑はくっきりと色濃くなってきます。あらゆる生命が天地に満ち始める、という意味の言葉です。

第二十四候 麦秋至 (むぎの とき いたる)
麦が実り、たわわに黄金色に穂をつける、麦にとっての「秋」です。
ここでいう秋とは、百穀が成熟するとき、という意味。例年では、梅雨入り迫る、つかの間の乾燥期です。米と麦の二毛作を行う農家では、麦の刈入れで大わらわです。今年の高知県は、早くも梅雨入り、雨の日が続いています。

< 土佐山の旬 >
山あじさいが咲き始めました。
syouman3_1.jpg普通のアジサイ(紫陽花)よりも小さく可愛い花が咲く、山あじさい。土佐山の沢沿いなどにも多く自生しており、落ち着いた風情があり、心が和みます。

 

 

オーベルジュの燕さん大きくなりました♪
bousyu1_7.jpg オーベルジュの軒下に作られた燕の巣。今年も、雛がかえりました。小さかった雛たちもあっというまに、大きくなって、最近はなんだかお家が狭そうですが、
三匹仲良く、いつも並んでいます。旅立ちの日も近くなってきました。

 

 

 

次回:<初候> 螳螂生
<二十四節気> 芒種【6月6日】
二十四節気土佐山温泉スタンプ2倍サービスデー!
温泉スタンプカードをお持ちでない方は、お気軽にフロントまでお申し付け下さい。

お問い合わせ