【雷乃発声】 復活のお茶

2015 .03 .31

syunbun3.jpg

 

春分(しゅんぶん)

秋分と同様に、昼と夜が同じ長さになります。いよいよ本格的な春の到来。日増しに強くなる陽射しを感じながら全国の桜の開花を聞く、一年でいちばん心がうきうきとする時期です。また、学校、職場での送別や転居など、生活の変化が多いのもこの時期。

 

 

第十二候 雷乃発声  

       (かみなり すなわち こえを はっす)

桜も盛りを過ぎると、冬の間は鳴りひそめていた雷が、ふたたび遠くの空で鳴り始めます。

春の雷は、ほとんどが寒冷前線の通過などによって起こるもので、雹(ひょう)を降らせて作物に被害を与えることもあります。また、この時期には降雪が見られることもあり、定まらないお天気が、まだ春浅きを感じさせます。

 

 

 

土佐山

 

 

 

●復活のお茶

 

復活のお茶.JPG

高知県は隠れたお茶どころ。地形や気候に恵まれ、そこに育つお茶は野趣に富んだ味わい、いさぎよく冴え渡る香り、深いコクが漂います。

オーベルジュのある久万川地区の「久万川 営農組合」では、50年前の茶園を再開し、自然栽培でつくり天日干しして煎った番茶をつくっています。

 

五十年の眠りから覚めた「復活のお茶」

 

 

 

 

 

 

 

そば粉.JPG

 

「あんたの そばで ができた」

 

ネーミングが面白いですね!

こちらも、

「久万川 営農組合」がつくっている、そば粉。

 

地元の食べ方「御器練り(ごきねり)」で食べると、おいしいですよ!

 

 

 

 

 

※ 「復活のお茶」 「あんたの そばで ができた」 は、とんとんのお店で販売してます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

次回

<初侯>

玄鳥至

 

<二十四節気>

清明【4月5日】

二十四節気土佐山温泉スタンプ2倍サービスデー!

温泉スタンプカードをお持ちでない方は、お気軽にフロントまでお申し付け下さい。

お問い合わせ