土佐山の旬 蚯蚓出

2014 .05 .10

rikka2.jpg

 

立夏(りっか)

夏の始まりの時期で、春分と夏至の中間にあたります。夏の始まりといいましたが、このあと梅雨を経なければ、本格的な夏には至りません。

ゴールデンウィークの終盤にもあたり、世の中は新緑を愛でる行楽シーズンたけなわといったところでしょうか。

 

 

第二十候 蚯蚓出 5月10日(土)〜

       (みみず いずる)

冬眠していたミミズが地上に這い出してくる、という意味の言葉です。

土中で越冬した動物が起き出してくる時期としては、三月上旬の「啓蟄」の候が一般的に知られますが、ミミズは他の生きものと比べて目覚めが遅いのでしょうか、その頃に畑や花壇の土を掘ると、まだ眠そうに横たわっているミミズに出くわすことがよくあります。

 

 

 

土佐山

●紫蘭の花が咲いています。

20140510_1.jpg

客室前の庭には、「紫蘭」がたくさん花を咲かせています。

小さい紫色のかわいい花が特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●新茶の季節になりました!!

20140510_2.jpg

 

高知県は、お茶どころ!!

地形や気候条件に恵まれたお茶の産地がいくつもあります。

オーベルジュ土佐山でも、土佐茶新茶をご用意しています。

 

新茶を味わえるプランはこちら

     ↓   ↓

クリック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回

 

<立夏 末候>

竹笋生

 

<二十四節気>

小満【5月21日(水)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

お問い合わせ