土佐山の旬 霞始靆

2014 .02 .24

kasumi.jpg

 

 

雨水(うすい)

この頃になると寒さがほんの少し和らぐのが感じられます。

厳しい冬の間降っていた雪が雨に変わり、川や池に厚く張っていた氷も融けて水になっていきます。

 

 

第五候 霞始靆  2月25日(火)〜

       (かすみ はじめて たなびく)

春になると大気中に水滴や細かな塵が増え、また、霧やもやのために遠くの山や景色がぼやけて見えることがあります。

また、煙や雲が上に上らずたなびいたように見えることもあり、こうした現象を古来「霞」と呼び習わしてきました。なお、歳時記では、霧は秋の季語とされ、春に出る霧を霞と呼び、夜の霞は朧(おぼろ)と呼ぶようです。

 

 

 

土佐山

●嫁石「梅まつり」始まりました!!

23日の梅の状況は、ピンクの梅の花が咲いていますが、寒い日が続いているので花が開く手前で止まっているそう。

2分咲きくらいです。

今週から徐々に見頃になってきそうです。

RIMG2776.jpgRIMG2779.jpg130222_1534~03.jpg

 

 

22日(土)と23日(日)は、オーベルジュ土佐山から屋台も出店しました。

RIMG2773.jpg

あつあつの「しし汁」や揚げたて「じゃこ天」「唐揚げ」「コロッケ」「たこ焼き」

春限定の「蕗味噌」が入った「おにぎり」。土佐山で蕗の薹が採れる春に作る自家製の蕗味噌は、御飯との相性ばっちりです!!

 

今年の蕗味噌がなくなると、来年の春まで作れないので、見かけたらぜひ食べてみてください。

 

 

 

 

RIMG2781.jpg

 

地元のお店では、 「うどん」や地元婦人会の作った「田舎寿司」の他、

土佐山の山菜や梅商品をたくさん売っています。

地元の方が作った「梅干し」や「梅酢」

「梅ジャム」「梅ぼうしパン」などなど。

お土産にいかがですか。

 

 

 

 

 

梅まつり詳細はこちら

↓          ↓

 

ume_tit.jpg

 

 

今週末、3/2(日)には、「OTOGI コンサート」を開催します。



RIMG2856.jpg

↑昨年も梅まつり会場で、コンサートをして頂きました。↑

「OTOGI」のお二人です。

日本の和、日本の美、日本の心を伝えるフォークデュオ

動乱の幕末の時代を駆け抜けた坂本龍馬

龍馬の熱き想いを歌にした「RYOMAからの手紙」など

力強い歌声が印象的です。

 

 

●3/2(日)昼頃 嫁石梅まつり会場にて

 

●3/2(日) 夜 オーベルジュ土佐山ロビーにて 星空コンサート

 

どちらも無料で開催致します。CDも販売予定です、たくさんの方のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

次回

<雨水 末候>

草木萌動【3月2日(日)】

 

<二十四節気>

啓蟄【3月6日(木)】

 

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

お問い合わせ