土佐山の旬 地始凍

2013 .11 .12

tikooru.jpg

立冬(りっとう) 

 

第五十六候 地始凍 11月12日(火)

         (ち はじめて こおる)

これから先、ぴんと張り詰めた冷気のもと、地面の土が固く凍(い)てつく朝もあることでしょう。夜間の冷え込みもいっそう厳しく、冬になったことがはっきりと肌で感じられる時節です。季語の世界でも、「海凍る」「川凍る」「滝凍る」、さらには「月こおる」「鐘こおる」まで、豊富な「こおり」に出会うことができます。耳にするだけでも思わず背をちぢこめたくなる、そんな響きを噛みしめれば、冬もまた、味わいの深い季節となっていくのではないでしょうか。

 

 

 

土佐山

●今年も干し柿作りました

rittou2_1.jpgrittou2_2.jpg

今年は、100ケ作ります。皮を剥いて、2個1組でヒモに結び・・・。

干す前に、熱湯で殺菌処理をする松本料理長。

地道な作業の後、やっと柿を干しに行きます。

rittou2_4.jpgrittou2_3.jpg

今年もとんとんのお店前の伝承館の軒下へ。

重なったり、くっついたりすると、カビやすくなるので、交互に間をあけて干していきます。

 

rittou2_5.jpg

おいしい干し柿になるように、毎日、柿を揉んでから出勤します。

 

今年も出来上がりが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●搾りたて「新ゆの酢」

とんとんのお店では、今年の搾りたて「新ゆの酢」が出てきています。

鍋や寿司、酢物、漬物などいろんな料理に使えます。

搾りたての柚子、お土産にいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

次回

 

<立冬 末候>

金盞香【11月17日(日)】

 

<二十四節気>

小雪【11月22日(金)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

お問い合わせ