土佐山の旬 温風至

2013 .07 .08

atsukaze.jpg

小暑(しょうしょ) 7月7日(日)

 すでに日は短くなり始める一方で、厚さはこれからが本番です。小暑と次の大暑の間を暑気と呼び、暑中見舞いを出すのもこの期間です。

 

第三十一候 温風至  

        (あつかぜ いたる)

梅雨空の雲間から注ぐ陽射しは日に日に強く、吹く風も熱を帯び始めます。本格的な夏の到来を予感させる頃です。梅雨明けは年によって異なりますが、六月下旬の沖縄県をかわきりに、七月上旬に九州南部、七月二十日前後には本州、そして最後の東北は七月下旬。日本列島を南から北へ、一気に夏が駆け上がります。

 

 

土佐山

15周年大会に向けて

syousyo1_1.jpgsyousyo1_2.jpg

土曜日、地元のお父さんたちが、14日の15周年記念大会に向けて、舞台を作ってくれていました。

雨が降ったり止んだりの中で、朝から力仕事。お疲れ様でした。

当日が楽しみです。

syousyo1_3.jpg

 

 

 

 

 

7月7日 七夕

syousyo1_4.jpgsyousyo1_5.jpg

7月7日、七夕は、短冊を準備してくれていました。

スタッフもさっそく、願い事を書いて、テラスの笹に飾っていました。

 

 

 

 

 

 

 

次回

<七十二候>

第三十二候 蓮始開

↑ 前年の蓮始開頃は・・・↑

 

 

<二十四節気>

二十四節気土佐山温泉割引

大暑【7/22(日)】

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

<前回>

半夏生

(はんげ しょうず)

お問い合わせ