土佐山の旬 蚕起食桑

2013 .05 .21

syouman1.jpg

 

小満(しょうまん)

日ごとに上昇する気温に合わせ、万物の成長著しい時期です。

畑の麦は大きく穂を実らせ、草木の緑はくっきりと色濃くなってきます。あらゆる生命が天地に満ち始める、という意味の言葉です。

 

 

第二十二候 蚕起食桑 5月21日(火)〜

       (かいこ おきて くわを はむ)

蛾(が)の一種である蚕蛾は、その繭から絹糸をとるために、古来、中国や日本で飼育されてきました。

人びとの暮らしを支える大変重要な生きものですから、「おかいこさま」などと敬称をつけて呼ぶ地方もありました。孵化した蚕蛾は、桑の葉をさかんに食べて成長し、ひと月ほど後には白い糸を体の周りに吐き出しながら繭をつくるのです。

 

 

 

土佐山

●紫蘭の花が咲いています。

syouman1_1.jpg

ホテル棟前の庭には、紫蘭の花が咲いています。

紫の欄、「シラン」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ホタルを発見!!

5月も下旬に入り、気持ちの早いホタルを見つけました♪まだまだ、見つけたのは1匹だけですが、ホタルが見られる日も近いかも。

土佐山では、「第15回 ほたる祭り」を開催します!!

6月9日(日)〜6月16日(日)  19時半〜

ほたる祭り情報はこちら  ⇒  クリック!!

 

ほたる祭り期間中は、とんとんのお店が21時まで営業!!出店などもあります。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

次回

<小満 次候>

紅花栄

 

<二十四節気>

芒種【6月5日(水)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

前回

竹笋生

(たけのこ しょうず)

お問い合わせ