土佐山の旬 蛙始鳴

2013 .05 .09

rikka1.jpg

 

立夏(りっか)

夏の始まりの時期で、春分と夏至の中間にあたります。夏の始まりといいましたが、このあと梅雨を経なければ、本格的な夏には至りません。

ゴールデンウィークの終盤にもあたり、世の中は新緑を愛でる行楽シーズンたけなわといったところでしょうか。

 

 

第十九候 蛙始鳴 5月5日(日)〜

       (かわず はじめて なく)

春先に冬眠から醒めても、しばらくの間は眠そうだった蛙が、ようやく鳴き声を聞かせはじめます。

朝夕の肌寒さも和らぎ、夏に向けて生き物の活動が活発化しているのです。人間の世界も然り。「冬眠暁を覚えず」といったぼんやりとした気分から、そろそろ光まぶしい夏を迎えるために気分が切り替わる頃ではないでしょうか。

 

 

 

土佐山

●新緑の土佐山

rikka1_1.jpgrikka1_2.jpg

 

5月に入り、土佐山は青々とした紅葉など山の木々が芽吹き、鮮やかな緑に包まれています。

テラスからは、青空の下、新緑の土佐山を見渡せます。

 

 

 

 

 

次回

 

<立夏 次候>

蚯蚓出

 

<二十四節気>

小満【5月21日(火)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

前回

牡丹華

(ぼたん はな さく)

お問い合わせ