土佐山の旬 桃始笑

2013 .03 .10

momo.jpg

 

 

啓蟄(けいちつ)

地中で冬ごもりをしていた虫たちが、早春の光を浴びて温もった土を啓(ひら)き、這い出してくる、という意味です。

「虫」とはいいますが、この場合はいわゆる昆虫だけではなく、蛇や蛙、蜥蜴(とかげ)など、土にひそんで冬を過ごすさまざまな生き物をさすとされます。

 

 

第八候 桃始笑  3月10日(日)〜

       (もも はじめて さく)

桃の花が開き始める頃。現在多くの方が新暦三月三日に行っている雛祭りは、本来は、桃の節句と呼ぶには時期尚早のようです。

今も旧暦に従い四月初旬頃に雛祭りを行う地方もあるようですが、そうしたところでは、まさに木々に咲き誇る桃を見ながら、女児の成長を祝うことができるのでしょう。

 

 

 

土佐山

●3月9日(土)の嫁石は、梅の花でいっぱい!!

RIMG2933.jpgRIMG2925.jpgRIMG2921.jpg

 

嫁石の梅まつり会場は、梅の花が満開!!ピンクや白の様々な種類の梅の花が観られます。

 

 

RIMG2918.jpgRIMG2931.jpg

 

梅まつり詳細はこちら

↓          ↓

 

ume_tit.jpg

 

 

●もんちゃんちの新作☆「白いちご」 数量限定です!!

RIMG2916.jpg

もんちゃん苺を作っている門田さん。今年度は「白いちご」を初めて作ったそうです。

とんとんのお店にも、「白いちご」が並んでいました。

白いちごはひとむね分しか作っていないそうなので、数量限定!!いつもあるとは限りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●トサミズキの淡い黄色の花が咲いています。

P1002750.jpg

高知では、よくみられるトサミズキ。漢字では「土佐水木」と書いて、名前の通り、四国(特に高知)で分布している植物です。

春先に咲く淡い黄色い花がかわいい、高知を代表する植物です。

オーベルジュ土佐山駐車場周辺で見られます。

散歩がてら、探してみてください。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

次回

<啓蟄 末候>

菜虫化蝶【3月15日(金)】

 

<二十四節気>

春分【3月20日(水)】

二十四節気土佐山温泉割引

大人500円(通常800円)

小人300円(通常400円)

でご利用いただけます。

 

 

前回

蟄虫啓戸

(すごもりむし とをひらく)

お問い合わせ